海外での招待講演(Invited Talks abroad)

1. Vertex-face curve for bipartite quadrangulations on the torus, SIAM Conference on Discrete Mathematics, Austin, Texas, USA, 2010.6.16.
2. Polychromatic number of graphs on surfaces, SIAM Conference on Discrete Mathematics, Dalhousie University, Canada, 2012.6.18--22
3. Polychromatic coloring of graphs on surfaces, NIMS seminar in combinatorics, National Institute of Mathematical Science (Daejon, Korea), 2013.9.30,10.1
4. Polychromatic number of graphs on surfaces, The 3rd Taiwan-Japan Conference on Combinatorics and its Applications, National Chiayi University, Taiwan, 2014.3.21--23
5. Coloring maps on surfaces, SIAM Conference on Discrete Mathematics, Minneapolis, USA, 2014.6.16--19
6. Reductions of even triangulations on surfaces, the 9th KIAS Combinatorics Workshop, Bloomvista in Yangpyeong (Seoul), 2015.9.11--13
7. Domination in graphs on surfaces, Topology and Combinatorics seminar, Ajou university (Seoul), 2015.9.15
8. A new Y Δ equivalence class of projective planar maps, Joint Mathematical Meetings 2019, Special Session, Baltimore Convention Center, Baltimore, USA, 2019.1.16--19
9. Vertex-face structures in quadrangulations on surfaces, Slovenian International Conference on Graph Theory, Hotel Compass, Bled, Slovenia, 2019.6.23--29. 10. Coloring triangulations, even triangulations and quadrangulations on surfaces, Cycle and Coloring 2019, Hotel Atrium, Novy Smokovec, Slovakia, 2019.9.1--6
11. Geometric quadrangulations on the plane, The 2nd East Asia Workshop on Extremal and Structural Graph Theory, UTOP UBLESS Hotel, Jeju, Korea, 2019.11.1--3
12. Spanning quadrangulations in even triangulations of the projective place, 8th European Congress of Mathematics, Portoroz, Slovenia, 2020.7.5--11 (Postponed to 2021)
13. TBA, International Conference on Graph Theory and its Applications - ICGTA20, Dec 16-19, Amrita Vishwa University, Coimbatore, India. (Postponed to 2021)

国内の招待講演(Domestic Invited Talks)

1. Chromatic numbers of graphs on surfaces, 位相空間論シンポジウム, 大阪教育大学, 2000年6月1日
2. Cycle parities of graphs evenly embedded in closed surfaces,日本数学会, 特別講演, 京都大学, 2000年9月24日.
3. 位相幾何学的グラフ理論「曲面上のグラフの染色数」,組合せ論サマースクール,カルチャーリゾートフェストーネ,2007年9月4日.
4.「曲面上のグラフの彩色について」, 「曲面上のグラフの幾何学的実現について」, 研究集会「直観幾何学」, 熊本大学, 2012年2月11, 12日
5. 「曲面上のグラフの多色彩色について」,RIMS共同研究 「デザイン、符号、グラフおよびその周辺」,京都大学数理解析研究所,2012年7月18-20日
6. RIMS 共同研究「組合せ最適化セミナー」,2020年8月5-7日(オンライン)

教育的な講演

1. 横浜市高等学校教員研修会 「数えることを中心とした数学の提案」 横浜市教育文化センター 2003/6/10
2. SSH 講演「白と黒の話」 神奈川県立小田原高等学校2003/11/7
3. 横浜国立大学公開講座 Nの数学体験版「人にやさしい数学を目指して」 横浜国立大学教育人間科学部 2003/9/13
4. SSH 講演「Nの数学」 神奈川県立厚木高等学校 2004/8/4, 5
5. SSH 講演 「離散数学のススメ」 大阪府立天王寺高等学校理数科 2004/11/10,17
6. 「数学」神奈川県立弥栄高等学校 2008/11/1
7. SSH 講演「離散数学への招待」茨城県立日立第一高等学校,2010/10/9, 23
8. 第4回午後のMathematics Cafe -離散数学への招待-, 茨城県立水戸第一高等学校, 2012/3/10
9. 第1回福島数学キャラバン, 福島県立福島高等学校, 2012/8/19
10. 第2回福島数学キャラバン, 郡山ビッグアイ, 2012/9/29
11. 第3回福島数学キャラバン, 福島県立会津高等学校, 2012/11/28
12. SSH「離散数学への招待」茨城県立日立第一高等学校,2013/2/9
13. 第5回午後のMathematics Cafe -離散数学への招待-, 県南生涯学習センター(土浦), 2013/3/10
14. 福島数学キャラバン,福島県立福島高校,2013/9/7,8
15. SSH「白堊の数学」,茨城県立日立第一高等学校主催,横浜国立大学,2013/10/26,27
16. 第6回午後のMathematics Cafe -離散数学への招待-, 茨城県水戸生涯学習センター, 2014/3/30
17. SSH「白堊の数学」,茨城県立日立第一高等学校主催,横浜国立大学,2014/10/25,26
18. SSH「白堊の数学」,茨城県立日立第一高等学校主催,横浜国立大学,2015/10/24,25
19. SSH「離散数学への招待」,茨城県立緑丘高等学校,2015/12/4
20. SSH「離散数学への招待」,山梨県立甲府南高等学校,2016/9/10
21. SSH「白堊の数学」,茨城県立日立第一高等学校主催,茨城県農村研修館,2016/12/10,11
22. SSH「離散数学への招待」,茨城県立緑丘高等学校,2016/12/17
23. SSH「数学力養成講座」,茨城県立日立第一高等学校主催,横浜国立大学,2017/12/2,3
24. SSH「数学力養成講座」,茨城県立日立第一高等学校主催,横浜国立大学,2019/2/16,17
25. SSH「数学力養成講座」,茨城県立日立第一高等学校主催,横浜国立大学,2020/2/15,16

科学研究費補助金とその他競争的資金(Research Budgets)

1. 科研費(若手研究B) 「代数的位相幾何学を用いた曲面上のグラフに関する研究」平成14 -- 16年度(3300千円)
2. 科研費(若手研究B)「局所変形とグラフマイナー理論を用いた曲面上のグラフの多面体的実現に関する研究」平成18 -- 20年度(3500千円)
3. 科研費(基盤研究C)「完全マイナーを持つ曲面上のグラフの構造に関する研究」平成21年度--23年度(3600千円)
4. NII共同研究 「局所平面グラフの内部構造の解析とそのアルゴリズムに関する研究」平成21年度(500千円)
5. 科研費(基盤研究C)「局所変形を用いた曲面上のグラフの多色彩色に関する研究」平成24年度--26年度(3900千円)
6. 科研費(基盤研究C)「平面グラフの閉路探索方法を用いた曲面上のグラフの本型埋め込みに関する研究」平成27年度--29年度(3500千円)
7. 科研費(基盤研究C)「平面上の幾何学的グラフの変形同値性とその周辺問題」平成30年度--32年度(3400千円)

指導した学位取得者(PhD supervised by me)

1. 向江頼士 (Raiji Mukae), K6-Minors in triangulations on surfaces, 2010
2. 土屋翔一 (Shoichi, Tsuchiya), Structures of geometric realizable triangulations on surfaces, 2012
3. 松本直己 (Naoki, Matsumoto), Equivalence and transition diagrams for graphs on surfaces by local transformations, 2013
4. 川谷元 (Gen Kawatani), Graph representation of partially ordered sets, 2017
5. 川崎雄貴 (Yuki Kawasaki), Transformations in graphs on surfaces preserving specified properties, 2017
6. 米倉真一 (Shin-ichi Yonekura), Minor relation for quadrangulations on closed surfaces, 2018
7. 朝山芳弘 (Yoshihiro Asayama), Reductions and coloring of graphs on surfaces, 2019

集中講義

1. 「位相幾何学的グラフ理論」, 広島大学大学院理学研究科, 平成14年6月21--25 日
2. 琉球大学教育学部
3. 慶應義塾大学理工学部,H21.7.28,29,30.
4. 「自然学類数学特別講義 IV 」,筑波大学,2009年1月13,14,15日
5. 「特別講義IV(情報数理系)」,倉敷芸術科学大学大学院,2010年9月20,21,22日
6. 「特別講義IV(情報数理系)」,倉敷芸術科学大学大学院,2012年9月12,13,14日
7. 「特別講義IV(情報数理系)」,倉敷芸術科学大学大学院,2014年9月11,12日
8. 「数学教育特論I」, 大阪教育大学大学院,2016年8月8,9,10日
9. 「数学教育特論I」, 大阪教育大学大学院,2017年8月2,3日
10.「数学教育特論I」, 大阪教育大学大学院,2018年8月4,5日